西奈良中央病院

本来の動きを取り戻す

人工関節センター

痛みのない、関節を目指す「人工関節手術」

関節が痛くて、歩けない、曲げ伸ばしが大変…

「歩き始めや立ち上がるときに痛い」「階段の昇降時に痛む」などの関節の痛み、今後の人生を考え、
人工関節という選択をされる方が増えています。
人工関節手術は、進行した関節疾患に対し、痛みを改善し、生活動作などの機能向上期待されます。
また、当院では、人工関節を視野にいれて温存療法を進めることも可能です。
患者さんの痛みの進行やタイミングを相談しながら、長期にお付き合いしてまいります。

Feature

3D画像による術前計画

迅速かつ適切な手術を行うために。

当院では、3D画像による術前計画を行っています。術前に、患者さんにフィットする人工股関節の大きさ、機種、正確な設置位置などをシミュレーションし、詳細な計画を立てることは、合併症予防や術後の「脱臼」の低減につながります。迅速かつ適切な手術を行うことは、何より患者さんの負担軽減につながります。

最新のIT技術を用いた低侵襲手術

ナビゲーション手術と小さな皮膚切開

当院では、最新のIT技術「ナビゲーションシステム手術」を導入し、精度の高い人工関節手術が可能になりました。それにより低侵襲(小さい皮膚切開)で、手術をより安全に、より正確に行うことが期待されます。痛みを軽減することで、術後の回復が早く、リハビリテーションへと速やかに移行できるよう努めてまいります。

痛みのコントロール(疼痛管理)

手術中・手術後の痛みを緩和する

患者さんは、術中、術後の痛みに対しての怖さをもっておられる方が多いです。近年では痛みをコントロールする手法も進歩しています。麻酔(超音波ガイド下神経ブロック)や内服薬などを効果的に使い、患者さんの痛みをコントロールすることで心と身体の負担を軽減していきます。

専門的なリハビリテーションの提供

チームで支える術後のリハビリテーション

患者さんの心身に負担を軽減し、積極的に取り組める環境づくりを心掛けています。そのために医師、看護師や理学療法士がチームとなり術後のリハビリをサポートする体制を整えています。

術後のメンテナンスも長期にお付き合い

快適な生活を続けるための定期メンテナンス

手術後、人工関節とは一生のお付き合いになります。定期的に動きの確認をするなど「メンテナンス」が非常に重要です。当院もまた、患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切に、長期にメンテンナンスに関わることを大切にしています。術後も、患者さんそれぞれが思い描く快適な生活をサポートしてまいります。