内視鏡センター

内視鏡件数の増加に伴い、平成28年10月に内視鏡センターを開設しました!     【 印刷用資料

内視鏡センター

内視鏡の機器の進歩、医療技術の進歩に伴い、消化器疾患の診断・治療には内視鏡は必要不可欠なものとなっています。 当院は日本消化器内視鏡学会指導施設であり、経験の積んだスタッフを配置しております。

年間で上部消化管内視鏡を約3000件、下部消化管内視鏡を約800件、胆道・膵内視鏡検査を約50件施行しております。

診断の質の向上のために、ハイビジョン画像、拡大やNBI(狭帯域光観察)機能の備わった最新の内視鏡を駆使し、早期癌の発見に努め、当院では食道・胃の早期胃癌に対してESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を行っております。

検査を楽に受けて頂けるように、上部消化管内視鏡検査では希望により経鼻内視鏡を使用し、下部消化管内視鏡検査では意識下鎮静法による内視鏡検査をおこなっております。また、特殊検査におきまして炭酸ガス送気装置を利用しております。

治療につきましては、消化管止血術、食道・胃粘膜下層剥離術(ESD)、粘膜切開術(EMR)、胆道系疾患治療(総胆管結石採石術、胆管ステント留置術、胆管ドレナージ術)、食道静脈瘤結紮術(EVL)、消化管ステント留置術(食道・胃・十二指腸・大腸悪性狭窄)、胃瘻造設術(PEG)などを積極的に行っております。

患者さんにとって苦痛が少なくかつ質の高い内視鏡診療の提供、及び消化管出血や閉塞性黄疸などの緊急に対応できる体制を目指して、2016年10月に内視鏡センターを開設いたしました。今後ともスタッフ一同、地域医療に貢献していきたいと考えております。

                                           内視鏡センター長 武山真也

当センターの概略

日本消化器内視鏡学会指導施設
常勤 消化器内視鏡指導医1名、専門医5名 (非常勤 指導医2名 専門医2名)
第一種消化器内視鏡技師(看護師)8名

2017年度実績

 上部消化管内視鏡検査  3327件  下部消化管内視鏡検査  812件
 食道ESD  2件  大腸ポリペクトミー・EMR  277件
 胃ESD  13件  下部消化管ステント留置術  4件
 胃EMR  4件      
 上部消化管ステント留置術  8件      
           
 ERCP
 【胆管ステント留置・採石術】

 54件
 PEG造設術  33件
       PTEG造設術  1件

各検査実施曜日

※ 内視鏡検査は、内科の外来受診後に、診察医の指示によって検査予約を取らせていただきます。
  まずは、内科を受診の上、ご相談ください。

検査項目
胃カメラ 武山真也
横井祐子
武山真也
尾﨑邦彰
小石亮子
中山雅樹
小石亮子
武山真也
山尾純一
尾﨑邦彰
田村信宏
武山真也
中西啓祐
中山雅樹
田村信宏
※都合により、担当医が変更になる場合がございますが、その際は、ご了承下さいませ。